コンテンツにスキップ
3,980円(税込)以上で送料無料
3,980円(税込)以上で送料無料
長年の美容現場での実績と肌の最先端研究から。
AOHALの「肌リスク」診断。
「クマ」とは?
様々な原因があるクマ。
疲れた印象を脱するために、効果的なケアを紹介します。
最近こんな
お悩みがある方は
クマリスク診断を
おすすめします。
  • 1. 最近忙しくて眠れていない。
  • 2. 目の下は念入りにファンデーションを塗る。
  • 3. クマがコンシーラーで隠れなくなってきた。
    • A
    • 青っぽく見えるクマ
    • B
    • 茶色っぽく見えるクマ
    • C
    • 影っぽく見えるクマ
クマのタイプ別に必要な
ケアが異なります。
ご自身での見分けが
難しい場合には
医師の診察を受けることを
おすすめします。
Aにチェックが多い⽅は
血行不良タイプ
かも?
寝不足やストレス、疲労の蓄積などで血流が悪くなることにより
クマが目立つことがあります。目元の皮膚はわずか0.6mm程度と薄く、
皮膚の下に張り巡らされた血管の色が目立ちやすいのです。
血行を促進するケアを取り入れてみては?
クマリスク「0」肌を
目指す人のための
美容皮膚アイテム
Bにチェックが多い⽅は
色素沈着による
クマかも?
目周りの色素沈着は、UVケアを怠ったり目の周りをこするクセによって
できることがあります。クマに見えている部分が実は小さなシミや小じわ
だった、ということも。目の周りの皮膚はほかの部分と比べて“極薄”で
とってもデリケート。摩擦を与えないように優しくケアしましょう。
また、365日の日焼け止めはマスト。
十分な保湿に加えて、
トラネキサム酸などメラニンの生成を抑える成分の入ったケアもあります。
Cにチェックが多い⽅は
たるみやくぼみ
からくる
クマかも?
「寝ても解消しないクマ」の代表例。
皮膚のたるみや筋肉のたるみ、眼窩脂肪 (がんかしぼう)の突出などによって段差ができ
クマのように見える症状です。それとは逆に、目の周りが痩せて
頬が落ちることでできるくぼみもクマ に見えてしまうことがあります。
専門家の手を借りてのケアを検討してみては。
クマリスク「0」を目指す先回り対策
1. まずは血流改善を意識して
年代問わず誰にでもできる代表的な「青クマ」。大きな原因は。疲れや睡眠不足等による目元の血行不良です。月経中だったり、元々血圧が低い人にも現れる傾向があります。血行が悪くなると血中の酸素が欠乏して赤く見えるはずの血管などが青紫っぽい色にみえる原因になります。目元の皮膚は特に薄いため、血流が滞るとうっ血した血管が透けてクマとして見えてしまいます。顔に血液を送る大きな動脈がある首周りの筋肉をダイナミックに動かすエクササイズを取り入れてみては。
2. “こすらない”を意識
目の周りの皮膚はほかの部位と比べて“極薄”でとってもデリケート。
花粉症や眼の疲れなど、目を擦るクセが色素沈着の原因になります。
落ちにくいアイメイクもゴシゴシこすってはいけません。
3. 保湿もお忘れなく
眼瞼皮膚(がんかひふ)には汗腺がなく皮脂腺も小型のものがわずかにあるだけ。保湿機能が低く、皮膚のバリア機能は著しく低いため乾燥すると肌理(キメ)が乱れ小じわが発生しやすく、クマが目立つ原因になります。乾燥による細かいシワが微細な影となって茶色く見えている場合には、力が入りにくい薬指の腹を使って保湿クリームをやさしく置くようになじませ、うるおいを与えましょう。
4. 専門家による施術
セルフケアでの改善が難しい場合には、専門家へ相談しましょう。高周波治療やヒアルロン酸注入など、美容皮膚科だからできるクマが気になる方のための施術もあります。