この季節のニキビにはアゼライン酸

最近、ニキビ治療に大人気の「アゼライン酸」。ニキビは、髪の毛やマスクなど、常に触れているものがあると治りにくくなるので、とくに今は「アゼライン酸」のニーズがとても高いです。

ニキビ

 

日本では化粧品扱いですが、海外では80国以上でニキビ治療の「医薬品」として使われています。

 

アゼライン酸には、「ニキビ菌に対する強い殺菌効果」と、「古い角質が毛穴にフタをして詰まらせることを防ぐ効果」と、ダブルの効果が期待できるんです。

 

 

そもそもアゼライン酸には「メラニン酸の生成を抑える」という効果があります。それで、30年以上前の当初は、美容目的で医薬品開発が始まったそうです。そうしたらなんと、その臨床試験中に偶然、「ニキビに対する効果」が認められたというのね。

 

 

アゼライン酸は、ビタミンA類の医薬品に比べて「皮膚への刺激が少ない」という特長があります。敏感肌の方や妊婦さんにもおすすめできます。

 

とはいえ酸は酸ですので、アゼライン酸入りのクリームを初めて皮膚へ塗ると、「ピリピリ感」「かゆみ」「熱感」を感じる方が多いです。しかしこの違和感は、回数を重ねると減少していきますし、皮膚への副作用もきわめて稀です。

 

さらに、そもそもの「メラニン酸抑制効果」により、ニキビ治療後の気になる黒ずみ対策にも効果を発揮します。

 

このようにニキビ治療に有用なアゼライン酸。化学的につくられたものではなく、もともと天然由来の酸なので安心です。穀類や酵母に含まれ、日常的に食事で摂取されています。

 

ビタミンA類医薬品や抗生物質などと異なり、日本では医薬品とされておらず保険適用になりませんけれど、ニキビ治療にお悩みの方におすすめできる、有効性と安全性にすぐれたものです。機会がありましたら、ぜひお試しになってください!

 

 

 

ちなみに敏感肌にニキビを合併している方や、マスクの繊維の刺激や蒸れのお悩みを同時に抱えておられる方は、優しい洗顔料や、保湿剤と必ず併用なさってください。

 

ニキビ治療において、ベースのお肌を整えておくことはとても大事です。

 

 

アオハルエバンジェリスト 小柳衣吏子