レチノールとは?

やってきました「美容の秋」です~~!!

はい、「美容の秋」は、わたくしが勝手に言っていること(*^^)v

 

とはいえ、酷暑猛暑に耐えて耐えて耐え抜いて、ようやくやってきた「いい季節」。

読書して・食べて・スポーツして、とくれば、とうぜん美容にも熱中できるはず!

 

まじめな話、アオハル365でも、秋になると真夏よりグンとご利用者さまが増える傾向です。

お出かけもしやすくなりますしね。太陽光線が減って、さらに空気が乾燥してくると、お肌のお手入れをしたくなるものです。

 

 

そんな秋のホームスキンケアにおススメの成分が『レチノール

レチノールには、肌をふっくらさせ、シワを改善する効果があります。

 

・表皮のヒアルロン酸合成を促進します

 

・真皮でのコラーゲン合成も促進します

 

・いっぽうで、UVによるコラーゲン分解酵素活性化は、抑制してくれます

 

など、かなりの働きものです。

 

 

レチノールは、「ビタミンA誘導体」のひとつです。

 

クリニックの診察室で「ビタミンA誘導体」といえば、、、レチノールよりも『トレチノイン』が定番になっています。

トレチノインは、シミ、シワやニキビの治療薬ですね。

ただし、皮膚刺激性がとても強いという性質があるの。かならず皮膚が赤くなり、皮むけをおこします。

 

それに比べ、レチノールは、刺激が少なくて、とても使いやすいのです!

だから最近広く使用されるようになりました。目尻などの小じわや、顔全体のくすみ対策の化粧品としてね。

 

わたくしが自分でも使っているレチノール配合化粧品は、ナノカプセル化された「ピュアレチノール」が成分のクリーム。

酢酸レチノールやパルミチン酸レチノールよりも、効果が優れています。

さらに、ゆっくり肌に浸透する(徐放性)ため、皮むけしにくく、耐性もできにくいという特長もあるの。

安定性を保つための「エアーレスパッケージ」もかわいい製品です。これが鏡台にあると、お肌をお手入れするテンションが上がりますよ!

 

レチノール配合」をうたった化粧品の中には、ちょっと刺激が気になるものもあります。

また、ピュアレチノールは安定性が悪くて製剤化技術がとっても難しいため、高価なものが多いのね。

 

ですので化粧品選択のポイントは、(1)レチノールの「低刺激」という長所をしっかり活かしているか、そして(2)比較的お求めやすい価格を実現しているか。この2つは、レチノール配合に限らず、機能性化粧品を長く愛用するために大事な条件ですよね。

 

 

皆さまもこの秋、お肌のウェルエイジングのために、レチノールクリームにトライしてはいかがですか?

 

 

※ビタミンA誘導体製剤は妊婦・授乳婦さんは使用しないでください。

※開封後は、3ヶ月以内に使用してください。あまり長く置いておくと効果がなくなります。

 

アオハルエバンジェリスト 小柳衣吏子